pid 4Mで洗濯物を部屋干し

洗濯物の部屋干しは場所の確保が大変

雨の日の洗濯物はどこで乾かしていますか。

洗濯機に乾燥機が付いていれば、まとめて乾かしたいのですが、私が使っている洗濯機には乾燥機が付いていません。

洗濯物が少ないときは溜めて置いて、天気が良い日にまとめて洗うんですけど、今年はなかなか晴れないんですよね。

それに家族が花粉症なので、花粉の季節は室外に干せません。

なので、部屋干しするんですけど、干す場所を確保するのが大変なんですよね。

私はいつもハンガーラックに干すんですけど、ハンガーラックでは少ししか干せません。

それに、そのハンガーラックは洗濯物干し用に用意しているではないので、掛かっている服を一時的に、どこかに置いておかないといけないんですよね。

部屋にロープを張ってもいいんだけど、部屋の壁にロープを掛けるような場所がないんです。

テレビでよく部屋に洗濯ロープを使っている人を見るけど、どこに掛けているのでしょうか。

今度じっくり観てみたいですね。

簡単に用意できてすぐに片付けられる「室内物干しワイヤー」

室内物干しワイヤー【pid 4M】は、用意するのも簡単で、すぐに洗濯物が干せるんです。

pid 4Mは壁に取り付けます・・・正確にいうと壁ではなく、壁で隠れている柱に取り付けるんですけどね。

取り付けるときはたくさん干せるようにするため、ワイヤーの長さ4mピッタリくらいの場所を探しました。
pid4Mはワイヤーを斜めに張っておいても問題ないみたいです。

いちばん緊張したのが、ワイヤーが巻いてある本体とフック受けのネジ穴を壁に開けるときです。
失敗すると壁に穴が開いたままになるので。

不安でしたが失敗することなく、無事に取り付けることができました。

pid4Mはワイヤーが全て本体に収納されて見えないので、日常生活では全然気になりません。

知らないとオシャレなインテリアのような感じがします。

右側のボタンがワイヤー本体の右側の丸いボタンを引っ張っるとワイヤーが出てきます。
右側の丸いボタンをフック受けに入れたら、左側の丸いボタンを回すとロックされ、ワイヤーの長さが固定されます。

ロックしないで洗濯物を干すと、ワイヤーが伸びて洗濯物が床に付いてしまいます。
忘れないようにしないといけませんね。

pid4Mで部屋干しまた、pid4Mは洗濯物が最大で10kg干せます。

脱水した後の洗濯物の重さは、乾燥時の約1.5倍になるそうですが、乾燥しているときの衣類の重さがわかりませんよね。

例えば
・長袖ワイシャツ 5着
・Tシャツ 5着
・ジーンズ 2着
・バスタオル 3枚
・トレーナー 3着
・スカート 2着
で10kgくらいらしいです。

意外と多く干せますよね。

使い終わった後は、左側のボタンを回してロックを解除し、右側のボタンをフック受けから外すと、自動でワイヤーが巻き取られていきます。

巻き取られるスピードは歩行速度くらいゆっくりなので、手をワイヤーから離してしまっても、ワイヤーが暴れてケガをすることはありません。

【pid 4M】は壁に取り付けるので、仕舞った場所を忘れることもなく、洗濯物を干したいときにすぐに用意できます。
そして、使い終わったら、簡単に仕舞うことができるので、とても便利です。

おすすめの記事